どんなシミでも隠せる?シールタイプのシミ隠しの使い方

どんなシミでも隠せる?シールタイプのシミ隠しの使い方

どうしてもメイクで隠せないシミには、シールタイプのシミ隠しがオススメです。メイクよりも高い吸着力とカバー力で、どんなタイプのシミでも隠すことが可能です。

まず、使用する部分の肌を綺麗に整えます。汚れや油分を拭き取ってからシールを張ります。
汚れや油分があると、シールの吸着力が低下してしまい、時間の経過と共に浮いてしまうので、下準備はしっかり行いましょう。

エステナードリフティ美顔器の口コミはこちら

シールを貼るだけでも十分にカバーできますが、メイクで仕上げるとよりナチュラルな肌にすることができます。
まず、シールの上からコンシーラーを使い、肌とシールの境目をぼやかします。次に、ファンデーションで自分の肌とシールの色を一色に整えて完了です。
この時、強い力でシールの上からメイクをしないように気を付けましょう。擦るとシールがずれてしまったり剥がれる恐れがあります。